女性の社会進出で変化したこと

社会進出でどんな影響があったのか

美しくなる権利を尊重して

女性の仕事をしている傍らで、美容にも気を遣っている女性の方がおられるでしょう。日頃の仕事のストレスから肌荒れを起こしてしまい、その肌荒れを治すのに化粧品を購入する必要が出てくると思うのです。しかし、化粧品の中には肌に悪影響を及ぼす成分が含まれているため、化粧品の使用前と比べて余計悪い状態になってしまうことが往々にしてあるのです。肌の改善に努めている女性の方にとって、頼みの綱である化粧品で嫌な思いをしてしまうのは皮肉なことであり、肌のトラブルを引き起こす化粧品によってストレスを感じることとなり、そのストレスによって肌に悪影響を与えてしまうという負のスパイラルを余儀なくされていくのです。
美容関係の女性の仕事に就きたいと考えている女性の方がおられるでしょう。美容と聞くと、女性の方が美しさを追い求めていくことを連想するため、女性の方がお客さんの気持ちに寄り添った化粧品を勧めるのに適している人材として評価されていくのだと考えられるのです。化粧品をお客さんに提供する従業員の方は、「同じ女性として、この化粧品を愛用している私の意見を参考にしてきれいになっていきましょう」という会話が交わされることがあるでしょう。女性同士から生まれるお客さんの美への探究心から、自分にとっての美の真骨頂を引き出していこうとする意欲が促進されていくのです。化粧品によってきれいになることは女性だからこそ味わうことができる特権だというくらいに、美容に興味を抱く方が途絶えていくことがないのだと感じてくるのです。

働く女性の癒しの森
女性が働くうえでついて回る”ストレス”について、女性ホルモンからの視点や働く女性からの視点でまとめられています。

コメントを残す